保証料はどれくらいかかるのか

男女

賃貸保証会社とは、賃貸住宅を契約する際に必要な賃借人の連帯保証人を代行する会社のことを指します。賃貸保証会社は、借り主が家賃を延滞した場合に、貸し主に対して建て替えをしてくれます。このように、賃貸保証会社は家賃支払いに対して連帯保証をしてくれます。ただしその代わりに、借り主本人から保証料を手数料として受け取る仕組みになっています。保証料は契約を結ぶときの初回と、更新手続きを行うときに必要となります。初回の保証料相場は、対象となる賃貸物件における月額賃料の合計金額の3割~10割となっています。また更新手続きの保証料相場は、対象となる賃貸物件における月額賃料の合計金額の1割程度です。もちろん物件によって保証料は異なることは知っておくと良いです。

保証人を立てられないときに使えます

住宅模型

賃貸住宅を借りるときに大きく立ちはだかるのが保証人の問題です。せっかく条件に合った良い物件を見つけても、保証人が立てられなくて苦労した経験を持つ人は少なくありません。そんなときに役立つのが賃貸保証会社の存在です。親族や知人や友人などに連帯保証人を依頼できなかった場合に、賃貸保証会社を利用する人が多いです。近年は核家族化が進んでいたり、親戚づきあいが希薄になっていたりする人が増えています。また親が高齢であるため、保証人を頼みづらいという人も多いです。そのような人が、賃貸保証会社を利用するケースが多く人気となっています。またアルバイトのように収入が安定していない人も、賃貸保証会社を利用することで審査に通りやすくなるケースがあります。このように連帯保証人の問題で賃貸物件が借りられずにいた人たちにとって、賃貸保証会社の存在はとてもありがたいものとなっています。

オーナー側にもメリットがある

模型

賃貸住宅を借りる際に、連帯保証人を代行してくれる賃貸保証会社。賃貸保証会社の存在は借り主だけにメリットがあるように思われがちですが、実がオーナー側にも利点は存在します。それは賃料の滞納リスクがなくなるため、安定した家賃収入が得られることです。何故なら、滞納した家賃は貸保証会社が立て替えてくれるからです。また、借り主に対する家賃の催促業務など、面倒な業務は賃貸保証会社が代行してくれます。オーナーの業務負担が少なくなり、安心して不動産投資を行うことができるのです。家賃督促業務だけでなく、借り主が退去した際の残置物処理なども代行してくれます。入居者との人間関係に関する軋轢も少なく済むため、賃貸保証会社の存在はオーナー側からも支持されています。

広告募集中